読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺エンジニアの備忘録

30過ぎて、記憶力低下が著しい為、メモ代わりにしていく予定。 自身のスキルが低いので、内容の正確さは保障できません・・・OTL

EIGRPのスプリットホライズン

cisco

OSPFと比べ、EIGRPは仕事で触る事が少ないのでメモ

EIGRPはsplit horizonに注意

f:id:klock_3rd:20150220232655p:plain

EIGRPはRIP同様ディスタンスベクタプロトコルなのでMBMAネットワークでは、スプリットホライズンに注意

上記構成にてハブ接続セグメントを192.168.1.0/24とし、それぞれ下記IPを振りEIGRPを有効化

R2→vlan1 192.168.1.1/24
R3→fa0 192.168.1.3/24
R4→fa0 192.168.1.4/24

(フレームリレーのネットワーク環境を用意できなかった為、EIGRPのneighborコマンドで代用)

それぞれのEIGRPのConfigは以下のとおり

<R2>
router eigrp 1
network 2.2.2.2 0.0.0.0
network 192.168.1.0
neighbor 192.168.1.3 Vlan1
neighbor 192.168.1.4 Vlan1

 

<R3>
router eigrp 1
network 3.3.3.3 0.0.0.0
network 192.168.1.0
neighbor 192.168.1.2 FastEthernet0

 

<R4>
router eigrp 1
network 4.4.4.4 0.0.0.0
network 192.168.1.0
neighbor 192.168.1.2 FastEthernet0

 

上記の設定投入後、R3、R4でのsho ip routeにて、それぞれR4、R3のloop0のアドレスが広告されているか確認

<R3>
2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets

D 2.2.2.2 [90/156160] via 192.168.1.2, 00:32:20, FastEthernet0

<R4>
2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
D 2.2.2.2 [90/156160] via 192.168.1.2, 00:32:43, FastEthernet0

 

いずれも、R2の経路しか知らない

 

ここでR2にてスプリットホライズンを無効化

 

<R2>

interface Vlan1
no ip split-horizon eigrp 1
end

 

その後、再びR3,R4のshow ip route結果

<R3>
2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
D 2.2.2.2 [90/156160] via 192.168.1.2, 00:34:34, FastEthernet0
4.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
D 4.4.4.4 [90/158720] via 192.168.1.2, 00:00:44, FastEthernet0

 

<R4>
2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
D 2.2.2.2 [90/156160] via 192.168.1.2, 00:35:53, FastEthernet0
3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
D 3.3.3.3 [90/158720] via 192.168.1.2, 00:01:07, FastEthernet0

 

ちゃんと、R3,R4のloop0のアドレスを受信している

 

EIGRPはOSPFと比べると仕事で触る機会が少ないから、注意だなぁ