読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺エンジニアの備忘録

30過ぎて、記憶力低下が著しい為、メモ代わりにしていく予定。 自身のスキルが低いので、内容の正確さは保障できません・・・OTL

マルチホームの非トランジットでのBGP

cisco Linux

今回BGPでマルチホーム接続をすることになったので、メモ

構成はこんな感じで、今回はR1を自ASとする。

R1→AS1、R2→AS2、R3→AS3、R4→AS4

     

f:id:klock_3rd:20160331221400p:plain

 

何も考えずに適当にBGPのConfigを作るとたぶんこんな感じ。

R1#sho run | sec router bgp
router bgp 1
no synchronization
bgp log-neighbor-changes
network 10.1.1.1 mask 255.255.255.255
neighbor 192.168.1.254 remote-as 2
neighbor 192.168.1.254 soft-reconfiguration inbound
neighbor 192.168.2.254 remote-as 3
neighbor 192.168.2.254 soft-reconfiguration inbound
no auto-summary
R1#
 

そうすると、当然R2のルータにはR4のloop0への経路が分かる。 

R2#sho ip bgp

Network     Next Hop  Metric LocPrf Weight Path
*> 10.1.1.1/32  192.168.1.1  0        0  1 i
*> 10.1.2.1/32  192.168.1.1          0  1 3 4 i
R2#

 

今回はR1はマルチホーム接続だけど、非トランジットにしたいからR4の経路は流したくない。 なので、AS-pathを使う。

router bgp 1

no synchronization
bgp log-neighbor-changes
network 10.1.1.1 mask 255.255.255.255
neighbor 192.168.1.254 remote-as 2
neighbor 192.168.1.254 soft-reconfiguration inbound
neighbor 192.168.1.254 filter-list 1 out
neighbor 192.168.2.254 remote-as 3
neighbor 192.168.2.254 soft-reconfiguration inbound
neighbor 192.168.2.254 filter-list 1 out
no auto-summary
!
ip as-path access-list 1 permit ^$

再び、R2での確認

 R2#show ip bgp

Network    Next Hop   Metric LocPrf Weight  Path

*> 10.1.1.1/32 192.168.1.1   0        0   1 i
R2#

 

とりあえず確認おわり

 

・・・と思ったけど、prefix-listの方が楽な気がした。

router bgp 1
no synchronization
bgp log-neighbor-changes
network 10.1.1.1 mask 255.255.255.255
neighbor 192.168.1.254 remote-as 2
neighbor 192.168.1.254 soft-reconfiguration inbound
neighbor 192.168.1.254 prefix-list origin out
neighbor 192.168.2.254 remote-as 3
neighbor 192.168.2.254 soft-reconfiguration inbound
neighbor 192.168.2.254 prefix-list origin out
no auto-summary
!
ip prefix-list origin seq 5 permit 10.1.1.1/32

 

R2の結果は同じなので、略

正規表現に抵抗なければ気にはならないだろうけど、マルチホームで非トランジットってだけなら、逆にprefix-listの方が分かりやすい気がするな。

 

とりあえずおわり